Designer デザイナー Tomoko Kanashima 金島朋子

Tomoko is a designer of few words, but her fashion and fine jewelry creations--ranging from sophisticated funk to flat out elegant--speak parables if not tongues.

One can preview Tomoko’s artistry, keen sense of design, balance and color with a glimpse of her personal fashion stylings.   On any given day she can reflect the hues and textures of a tropical, desert, urban or celestial landscape.  A mix of colors and shapes, coarse and delicately spun fibers, conflicting prints and complimentary ones form the carefree layers that drape her diminutive figure.


Tomoko’s love for jewelry design traces back to a course in basic silversmithing in high school which she pursued through receiving a  Bachelor of Fine Arts in metalsmithing and jewelry design from Maine College of Art in 1998.

Since graduating in 1998, Tomoko further studied the industry as Assistant Art Director at the contemporary American craft gallery, a buyer and Assistant Art Director and Designer at Dexterity (Montclair, New Jersey).

Her work is definitely inspired by the toys and architecture she recalls from her world travel experiences.”  Tomoko, a former New Yorker now resides in Japan , was born in Osaka and grew up in Singapore, “I love clean geometric shapes and forms, and it definitely shows in my work.  I am particularly inspired by designers Stephanie Briggs, Marya Dabrowski, Emily Keifer and Todd Reed.

兵庫県生まれのシンガポール育ち。
指先が器用でいつも物作りが得意だった祖母と母の影響で, 10代半ば頃から”デザイン”について興味を持ち始める。


中学2年の終わりに親の仕事の関係でシンガポールに移り、日本人中学校を卒業後, ISS International High School of Singaporeに入学。英語の授業に日々奮闘するも、世界各国から来た同級生たちに刺激を受けながら充実した高校生活を送る。高校3年の1学期目に、美術のクラスとして導入された”彫金”の授業を受け、自分自身でデザイン、制作することの楽しさ・難しさを知る。様々な素材・宝石・技法を使ってのモノ創りをより深く学ぶために、アメリカ最北東部のメーン州ポートランド市の Maine College of Art (MECA) メーン芸術大学のジュエリーデザイン科に進む。

大学卒業後就職活動に励み、結果ニューヨーク州マンハッタン市内のアート・ギャラリーにてアシスタント・ディレクター兼バイヤーとして就職。生活拠点地をニューヨークへ移す。そしてその数年後、ニューヨークのファイン・ジュエリーブランド、ニューヨーク・アドーンド (New York Adorned 現ラブ・アドーンド Love Adorned) にて専属ジュエリー・デザイナー兼制作担当として数年勤務。
ニューヨーク・アドーンドで学んだビジネスのやりとりと宝石の買い付けの知識を活かして2005年の秋に個人ブランド”Empress Bijoux エンプレス・ビジュー”をスタート。デザインの全てを自身が手がけるとともに、ほぼ全ての行程をNY、ブルックリンのスタジオで行う。
その後2011年までは同ブランドにてアメリカ国内のセレクトショップを中心に卸業に専念したが、2012年から個展や合同展、期間限定Pop Up Shopを個人やグループでニューヨークのショップや日本国内のギャラリーを中心に販売を始める。昨年末には阪急西宮店の企画展「アクセサリー・バザール」に出展。念願の百貨店出展を成功させた。今年2017年の秋には福岡市の大丸天神にて期間限定POP UP SHOPを開催予定。


2016年末に拠点地を西日本に移動。九州と関西を行き来しつつ、いずれは国内もしくはアジアやヨーロッパの合同宝飾展示会にも出展の夢を抱きジュエリー制作に励みながら、約20年ぶりの日本での生活を只今満喫中。